女性特有の症状

漢方

自分の状況を受け止める

40代から50代の更年期を迎える女性に多く見られるのが更年期障害です。エストロゲンが急激に減少することが原因で身体と心に様々な影響を与えるのです。また、更年期障害だけではなく40代以降は生活習慣病のリスクも高まってきますので、自分で出来る対策を行っておきましょう。女性ホルモンのバランスが乱れることがキッカケになりますからイソフラボンなどが含まれているような漢方も効果的です。漢方は身体にかかるリスクも少ないですからどんな人でも安心して摂取できるのがメリットでもあります。更年期の症状は人によって違うのですが、漢方や薬を摂取しなくても問題ない人もいますし、症状が重くなり専門機関に通院する人もいます。

気になる症状

更年期に入り身体の変化を感じたら更年期障害の可能性もあります。過度な発汗、のぼせ、火照り、めまい、頭痛、吐き気、それ以外にも原因が不明の体調不良に悩まされることもあるでしょう。また、精神的にも不安定な状態が続きます。鬱状態になったり今までイライラしなかったことに対してもイライラが募ってきたり、感情の起伏が激しくなってくるのです。これらの症状が現れたら更年期障害の始まりですから、更年期障害に効果のある漢方を取り入れてみてください。漢方は薬局や通販でも購入可能です。特にイソフラボンやポリフェノールは更年期に効果が高いと言われています。更年期障害は一時的なものでもありますのでケアをしながらうまく付き合っていきましょう。